新着情報

2021.11.6 11月6日に地球環境科学専攻オンライン大学院説明会(地球環境科学専攻主催)を開催しました。
参加できなかった方(参加したけれど再度説明を確認したい方)のために、全体説明会の録画ビデオを公開しております。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.10.13 11月6日に地球環境科学専攻オンライン大学院説明会(地球環境科学専攻主催)を開催します。
参加を希望される方は、11月5日の12時までに事前申し込みをする必要があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.10.13 来年度から、博士後期課程を受験する社会人を対象にして、「知の共創プログラム」を開始します。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.10.11 真鍋 淑郎 元名古屋大学大学院環境学研究科 特別招へい教授(2007年12月〜2014年3月)が、2021年ノーベル物理学賞を受賞しました。受賞理由は「地球温暖化を予測する地球気候モデルの開発」です。詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.6.19 6月19日に地球環境科学専攻オンライン大学院説明会(地球環境科学専攻主催)を開催しました。
参加できなかった方(参加したけれど再度説明を確認したい方)のために、全体説明会の録画ビデオを公開しております。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.6.9 6月19日に地球環境科学専攻オンライン大学院説明会(地球環境科学専攻主催)を開催します。
参加を希望される方は、6月18日の12時までに事前申し込みをする必要があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2021.4.28 5月15日に地球環境科学専攻オンライン大学院説明会(環境学研究科主催)を開催します。
参加を希望される方は、5月14日の12時までに事前申し込みをする必要があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2020.10.12 11月7日に地球環境科学専攻のオンライン大学院説明会を開催します。
参加を希望される方は、11月6日の12時までに事前申し込みをする必要があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2020.6.26 6月20日に開催された地球環境科学専攻のオンライン大学院説明会の録画を公開しました。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2020.6.9 6月20日に地球環境科学専攻のオンライン大学院説明会を開催します。
参加を希望される方は、6月19日の12時までに事前申し込みをする必要があります。
詳しくは、こちらをご覧下さい。
2020.5.11 大気水圏科学系は、各研究室によるオンライン説明会を開催します。
2020.5.11 5月16日開催予定の大学院説明会は、新型コロナウィルス感染防止の観点から、中止します。
その代わりの措置は、こちらをご覧下さい。
2020.3.5 5月16日および6月20日に大学院説明会を開催します。
2019.10.10 11月9日に大学院説明会を開催します
2019.3.11 6月1日および6月22日に大学院説明会を開催します
2018.6.8 ダイナミクス講座寺川寿子講師 猿橋賞受賞記念講演会が開催されます
2018.6.1 ダイナミクス講座寺川寿子講師が猿橋賞を受賞!
2018.3.21 5月26日および6月23日に大学院説明会を開催します
2018.3.11 琵琶湖の総硝化速度定量に成功   <Video Abstract(2分間)を見る>  
2018.3.6 名古屋大学博物館大路樹生教授の研究がプレスリリースされました
2018.2.24 名古屋大学博物館の門脇誠二講師の研究がプレスリリースされました
2018.2.10 卒業研究発表会,修士論文審査会が行われました
2018.1.30 地球化学講座博士1年の佐久間圭佑君らの論文がAstrophysical Journal誌に掲載
2018.1.17 名古屋大学博物館の藤原助教の研究がプレスリリースされました
2017.12.04 地球環境システム学講座修了生の宮谷紘平君らの論文が発表されました
2017.10.15 大学院説明会を 11/11 日に開催します
2017.8.28 地質・地球生物学講座竹内教授らが5万分の1地質図幅「泊」を発行
2017.7.12 地質・地球生物学講座の教授の公募を開始しました(10月2日締め切り)
2017.6.22 地球惑星ダイナミクス講座博士2年の張学磊君らの論文がEarth Planets Space誌に掲載
2017.6.2 大学院説明会を 6/24 日に開催します
2017.4.28 海底地殻変動観測による南海トラフ軸近傍におけるプレート間固着状態の解明
2017.4.15 地球環境システム学講座修士1年の土居龍成君らの論文がPlant and Soil誌に掲載
2017.4.14 火口の温度、遠隔測定成功
2017.4.13 地球惑星物理学講座の吉本昌弘研究員らの論文がGeophysical Reseach Letters誌に掲載
2017.4.6 モンゴルのショッピングモール

earth with us

地球は、我々人類にとってかけがえのない生活の場であり,人類も地球のたどってきた長い歴史の必然的産物として誕生しました.我々が研究対象とする 地球や諸惑星における現象は、実験室では再現できないほど大きな時間的・空間的広がりをもち、複雑に入り組んでいます.その過去・未来の状態を解明するた めには、物理学や化学などのあらゆる手段が必要です.

地球環境科学専攻では,地球という第一級の研究対象における現象や状態を解明することに加え,かけがえのない地球の未来とそれに関わる人類の発展に 貢献をする研究を目指しています.